オリックス銀行カードローンの申し込みから契約、借り入れまでは、全て来店不要で進められます。

申し込みはネットで来店不要

オリックス銀行カードローンの申し込みはネットでのみの受付となっているので、店舗の窓口やFAX、郵送での手続きは行えません。最近ではどのカードローンもネットでの申し込みが主流になってきているので、オリックス銀行カードローンがネット申し込み限定だからと言って、何一つ不便に感じる部分はありません。

申し込み後の審査に通過、契約をする際にも、やはり来店は不要です。手続きはネット上で進められ、カードや契約書類は後日に自宅宛に郵送がされますので、どこかに取りに行く手間もなくオリックス銀行カードローンの契約が完了します。

銀行からの借り入れは面倒なイメージがありますが、オリックス銀行カードローンは来店も口座開設も不要なので、他の口座開設が必要となる銀行よりも手軽です。審査も銀行の中では早い水準とも言えますので、初めての銀行からの借り入れにもオリックス銀行カードローンは人気です。

希望額300万円以下なら書類も少ない

300万円まで所得証明の提出が不要

オリックス銀行カードローンでの借り入れ希望額が300万円以下の場合には、所得証明書類は不要としています。消費者金融では50万円以上で必要となる所得証明も、オリックス銀行カードローンでは大きな金額の300万円までは不要なのです。

審査の結果次第では300万円以下でも提出が求められる場合がありますが、オリックス銀行カードローンであれば消費者金融で借りるよりも、書類を少なくしてまとまった金額まで利用が出来る可能性があります。

早い契約をするためには

所得証明が300万円までは不要、来店も口座開設も不要となるオリックス銀行カードローンの手続きを、より早くに進めるためのポイントは非常に単純です。申し込み内容を間違えないことです。

早くに審査を受けたい、なるべく早くに借りたいからと、焦って申し込みをして入力内容を間違え、結果として手続きに大きな余計な時間がかかる方が多いです。間違えるはずがないと考えて確認もせずに慌てて入力をしてしまうと、メールアドレスや電話番号を間違ってしまったり、住所に漏れがあるなどして、契約の際に確認が必要となり、時間がかかるのです。

オリックス銀行カードローンに限らずですが、カードローンの申し込みの際のミスは、意外にも非常に多いとされています。入力内容のミスによって正しい申し込みとして受け付けてもらえず、審査落ちとなってしまう方もいるほどです。

早くにオリックス銀行カードローンで契約をするためだけでなく、申し込み自体が無駄にならないよう、しっかりと確認をしてから入力内容を送信するようにしてください。

  • 間違った情報は修正がされない

カードローンの申し込みで入力内容は個人情報となるので、オリックス銀行側では勝手に変更をすることはありません。メールアドレスの単純なミス、誰が見ても修正が可能な簡単な間違いであっても、本人に確認するまでは修正がされず、手続きも進まなくなってしまうのです。

  • 確認に時間がかかると手続きも遅くなる

オリックス銀行カードローンはプライバシーを守ってくれますので、入力内容にミスがあって確認をする際には、本人の携帯電話への連絡を行います。ネットで申し込みをしても確認が電話で来るため、仕事中などで対応が出来ないとすると、確認が出来ずに更に手続きに時間がかかります。

  • どちらも間違っていれば受付不可

基本はメールアドレスが間違っていれば電話で、電話番号が間違っていればメールでの確認となりますが、どちらも間違っている際にはオリックス銀行側で確認の取りようがないので、申し込み自体を受け付けてくれません。いつまで待っても審査の結果の連絡が来ることもありませんので、よく確認をしてから入力内容の送信をしてください。

どうすれば審査に通るかなどの余計なことを気にするよりも、とにかく入力内容にミスがないように、虚偽記載をしないように気をつける方が、オリックス銀行カードローンの契約を早くに進めたいなら重要なポイントとなります。

公式ウェブサイトはこちらから

第00位

オリックス銀行カードローン

パソコンでもスマホでも24時間申し込みが可能で、いつでもどこでも便利です。

金利限度額審査時間所得証明
年3.0%~17.8%最高800万円最短即日300万円まで不要
限度額が大きな契約となれば低金利で借りられるオリックス銀行カードローンは、フリーでの生計費での借り入れのほかに、他社の高い金利からの借り換え、複数キャッシングの一本化となるおまとめローンとしての利用も認められています。まとめで大きな枠で借りられれば更に低金利となりますので、借りているキャッシングの金利が高いと感じる方は、借り換えやおまとめでも利用を検討してみましょう。
オリックス銀行カードローン

仮審査通過後の手続き

ネットでオリックス銀行カードローンの申し込みをし、最短即日の審査結果の回答が無事に通過となれば、本人確認などを含む本審査となります。仮審査の時点で信用情報の確認は終わっていますが、本審査では入力した内容に間違いがないかなどを本人確認書類と照らし合わせて確認を行います。

また、勤務先への在籍確認の電話もオリックス銀行の担当者により行われますが、銀行名は名乗らず、担当者の個人名での「○○さんはいますか?」程度の簡単な電話連絡となります。プライバシーを守るので、オリックス銀行からの連絡である、カードローン審査の電話であるとは、第三者には伝えないようにしてくれます。

契約の手続きの流れとしては、この時点でローンカードの郵送がされている場合が多く、届くまでの数営業日の間に、全ての確認を終えておくのが理想です。本人確認書類や借りる金額によっては所得を証明する書類を提出し、オリックス銀行側での確認と契約が完了すれば、カードが届き次第、対応するATMやインターネットでの借り入れが利用出来ます。

  • 確認が終わらないとカードが使えない

仮審査通過時点でカードの郵送はされますが、その後の本人確認を含む本審査が終わらない限りは、カードの利用は出来ません。限度額自体が設定されていないのでATMでも使えず、カードが手元にあるからと言って必ずしもお金が借りられるとは限らないのです。

審査に時間をかけないために

申し込みから契約までの進め方を知ったところで、審査における注意点も見ておくと良いでしょう。審査はオリックス銀行カードローンで借りるためにも重要なポイントとなるため、焦って申し込みをするのではなく、以下の内容を確認しておいてください。

怪しい点があればそれだけ審査に時間がかかり、結果としてオリックス銀行カードローンの審査に落ちてしまう原因にもなります。無事に通過が出来たとしても余計な時間がかかってしまいますので、気をつけましょう。

オリックス銀行カードローンの審査における注意点は、あくまで注意をすべきポイントです。守ったからと言って審査に通る保証が出来るものではありませんが、逆に守らずに申し込みをしても、審査に通る可能性は低くなります。

  • 申し込み条件の確認をする

オリックス銀行カードローンは銀行の借り入れですが、専業主婦の利用は不可です。本人の安定した収入が必要となるため、アルバイトやパートでも安定した収入が必須です。また、安定をしていなければならないので、派遣の登録だけをして収入が不透明な方は、審査には通らないと考えてください。

  • 他社の利用状況は十分に注意

他社の利用がある方は、返済が遅れていないか、不足での入金をしていないか確認をしてください。オリックス銀行カードローンに申し込みをする段階で他社の返済が遅れている、不足入金をしている状況では、申し込みをするだけ無駄です。返済が出来ていない方は、審査には通る可能性はありません。

  • 極端に件数が多い方は危険

何件とするラインは明確ではありませんが、あまりにも多くのキャッシングやカードローンの利用件数があると、当然ながら審査には悪影響が出ます。おまとめ目的で収入が高いレベルで安定をしていれば別ですが、通常のカードローン利用を考えている場合には、複数の借り入れは審査に対して不利になります。

多重申し込みは避ける

その他に気をつけておきたいのが、オリックス銀行カードローンと他社の同時申し込みです。お金が必要で焦ってしまうと、どこかからなら借りられるだろうと考え、何社もネットで同時に申し込みをしてしまう方がいます。

カードローンの審査は抽選ではないので、数を多くすれば良いというものではありません。申し込みは信用情報機関に照会情報として一定期間に渡って登録がされ、多ければ多いほどに審査では不利になっていきますので、何件も同時期に申し込みを行うのは避けるべきなのです。

審査に通らないと意味がない

お金が必要でオリックス銀行カードローンに申し込みを行うわけですので、当然、審査に通ってお金が借りられないと意味がありません。急ぎで契約をしたいからと、慌てて入力をした間違った情報で申し込みをしてしまい、結果として審査落ちになっては早く借りる以前の問題です。

オリックス銀行カードローンで早くに契約をしたいのであれば、まずはしっかりと確認をして申し込み内容の入力と送信をする、審査で余計な時間をかけないために最低限の注意点を守る、何らかの確認で携帯電話に連絡が来た際には、なるべく早くに折り返すようにすれば、そこまで時間をかけずに契約まで進められるようになります。

オリックス銀行カードローンは口座開設が不要で、審査回答は最短即日です。手続きに時間がかかる銀行が多い中で、早くに契約まで進められるカードローンとなっていますので、自身のつまらないミスによる余計な時間のロスや審査落ちにならないよう、十分に気をつけて申し込みを進めてください。

トップへ戻る