オリックス銀行カードローンの申し込みから契約、借り入れまでは、全て来店不要で進められます。

おまとめで借りて一本化

いくつかのカードローンやキャッシングで借りている方は、オリックス銀行カードローンでのおまとめローンとしての利用も考えてみましょう。おまとめや借り換えとしての契約もオリックス銀行カードローンでは可能としているので、低い金利を生かした借り入れ先の乗り換えも有効です。

借りたら返す必要があるカードローンにおいては、単純に金利が低い方が返済時の負担が軽くなります。利息負担を軽減できればそれだけ毎月の支払いも楽になり、完済も目指せるようになります。

利息は利用者にとっては余計な出費でしかありませんので、低い金利で利息負担を抑えられる可能性のあるオリックス銀行カードローンで、余裕のある返済を進めていきましょう。

おまとめで金利が下がる仕組み

いくつかの細かいキャッシング利用があり、総額で100万円を超える借り入れ残高となっている方は、オリックス銀行カードローンでまとめるおまとめローン利用が効果的です。細かく借りているとそれぞれで最大の上限金利が取られる場合が多く、消費者金融であれば低くても17.8%での契約となります。

50万円ずつ2社から借りているとすれば、それぞれで17.8%や18.0%の金利となり、総額100万円の借り入れでも高い金利となります。100万円以上の契約では、利息制限法で15.0%が上限金利とされているのですが、これはあくまで1社から借りた場合なので、ばらばらに借りていると結果的に合法的に金利が高くなるのです。

上記の総額100万円のキャッシングを、仮にオリックス銀行カードローンでまとめるとすれば、適用される金利は年利で9.0%~14.8%となります。オリックス銀行カードローンでは100万円の限度額は「100万円コース」となり、適用利率は年利9.0%~14.8%となっているので、おまとめ前と比べて数パーセントも金利が下がります。

これだけ下がれば十分に感じますが、より大きな限度額となるとオリックス銀行カードローンでは更に金利が下がります。そのため、総額で大きな借り入れがある方は、オリックス銀行カードローンでのおまとめローン利用が有効となる可能性があります。

おまとめローンの審査基準

効果的で有効なオリックス銀行カードローンでのおまとめローン利用ですが、審査はやはりそれなりに厳しくなります。まとまった金額の融資を前提とするため、他社での利用状況はもちろん、収入状況もしっかりと確認がされます。

特に問題が無ければ審査に通過が出来ると考えられますが、希望額が満額で契約が出来るとは限りません。審査の結果によっては希望額からいくらか目減りする可能性がありますので、その場合にはまずは高い金利から借り換えておき、今後のオリックス銀行カードローンでの増額を進める借り方でも悪くはないでしょう。

トップへ戻る